私の取り柄はラップのフリー形態だ。洩れるドキドキ(場合によってはヒューマンビートボックスやアカペラのときもあります)を聞きながら、即興で語学をつなぎ、韻を踏みながらサイクルに跨る。こういう感じのことです。中学のあたりからラップに出会って、学徒のあたりは地元のプールで年中連夜ラップやる年中。おかげでかなりのテクニックってボキャブラリーが私についたと思います。ぼくがはじめたあたりは、ラップなんて同士はほとんど意識がなくて「yo!yo!」の奴でしょ?とか馬鹿にされることもあったんですが、最近は高校ラップ選手権などの影響で知名度もかなり上がったので、ちらほら身近にふられてフリー形態ラップをすると「なんと!すげぇ!」といった感心されます。こういう10時で、とても世の中変わったな、と思いますけど、ぼくは変わらずこれからも日常の些細なことから政治的点まで幅広くラップで表現していこうと思います。なにかしら自分のおはこを持つことはちゃんとポイントです。http://okaneganai.hatenadiary.jp/