キャンパス3回生のセミナーのプランで鹿児島県のとある島についに行くことになって以上、
キャンパス一生の殆どのプランを、その島に居ついた時間に使ってしまいましたね。
スタート、講義の個々教諭がその島の民俗を研究していた為に、人学生もナチュラル流れで
おんなじ島の因習を探究使命に選ばなければならなくなったんです。
その島は、キャンパスの所から遠く、。エアーって船において渡航しなければ、近づくことが困難な場所にあったんです。
ただし、師範に背くことは許されない一心で訪れたんですが、ひとたび訪れてみると、一周すると島から島まであるくことができる人並み世界が専ら残っている島のネームバリューに取り憑かれてしまったんです。それからは、4回生の完了報告の使命を島の因習として、こういう報告製造にむけて島の因習を調べてゆくという手続を増やすために、島に居付くことになってしまいました。島では各家庭をめぐって聞き取り調査を行うだけの地味な手続ですが、数日間を島であかすといったエアーで戻りたくなくなりますから奇跡でした。http://lake-okanekariru.hatenablog.com/